記事の詳細

親子狸
この親子狸は、秋葉原駅から徒歩数分の場所に鎮座している柳森神社で授与されてる品です。
行ってみると社務所が閉まっており御朱印はセルフサービス、狸は入手困難かと思ったら「おたぬきさん御希望の方へ」と言う張り紙がある。留守の時は隣の文生堂でお受け下さいとの事なので早速お隣へ。文生堂様の話によると他の神社もみているらしく柳森神社にはほとんど居ないそうだ。

タヌキを〔他を抜く〕と解いて競争事に御利益があるとされます。

親子狸をならべ供物(甘いものが好き)を供え願いを掛けます。そして親狸を家で祀り、子狸を携帯すると福徳を授かと言い伝えられてます。願いが叶った際には甘い物を供え礼を申し上げ柳森神社にお返しし、新たに何組かをお福分けとして友人知人に贈る風習もあるとの事です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る